×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPページ  > MENUページ  > アルバム選択  > アルバム

オチャメカップ2001 乱入記
平成13年12月9日、関西支部主催による「オチャメカップ2001」が開催されました。
当日私は、そのつい数日前にNETで知り合った徳島の”魚拓屋ぱぱ”さんのお店に立ち寄らせていただきました。
お店に飾られたリッパな魚拓の数々を見せていただき、お店自慢の日替わり定食を頂き、
なんとコーヒーをご馳走になってきてしまいました。知り合って数日というのに厚かましくお邪魔し、
さらにご馳走にまでなるとはなんと厚顔な・・・
ぱぱさん、ほんとにお世話になりました。今度また時間を作ってゆっくりお邪魔させていただきます。

そして、その足でオチャメカップ2001の開催されている兵庫県の垂水に急行し、
表彰式(2次会)に乱入することになっていました。
前回、淡路でのOFF会の時には、オチャメさんが内緒で出席してきて、えらくビックリこいたもんですから、
今回は私が皆さんに内緒で突然参加するというスチュエーションにすべく、ヤスさんと事前に打ち合わせ、
当日に望みました。はたして皆さんはビックリこいていただけたのでしょうか?

徳島市内の”魚拓屋ぱぱ”さんのお店”アングラー”さんです

ぱぱさんのお店の所在地は、ぱぱさんのホームページでお調べください。
http://www.tcn.ne.jp/~angler/
このホームページは情報テンコモリで、全部見るのに2〜3日かかりそうです。
綺麗な魚拓もたくさん出ていますし、魚拓の取り方なんかも出てます。
是非一度訪問してみてください。


ぱぱさんとままさん(?)です

とっても気さくで、やさしそうな人柄の方でした。

ここのお勧めの日替わり定食¥700を頂きましたが、
お盆に乗りきらないくらいの品数で、味付けもグー!!
絶対お勧めです。

なんとコーヒーをご馳走になってしまいました。
初対面だというのになんと厚かましい・・・


八丈のグレの魚拓(54.5cm,57cm)

これですよ、これを見たくて行ったようなもんなんです。
グレの迫力もたいしたものですが、その魚拓の出来が、
大胆でいて、繊細で、うろこの一枚一枚まで綺麗に出ていて、
実に見事です。


こちらは最新作

元は一匹なんですが、それを何回も使って仕上げてます。

写真がちょっとピンぼけになっちゃいました。ごめんなさい。


いよいよ垂水到着

さあいよいよ垂水漁港に到着しました。
写真中央が垂一への渡船の乗り場です。
奥には淡路海峡大橋(だったかな)が見えてます。


垂水一文字提

真ん中の奥にあるのが垂一です。
泳いでも行けるくらいの近いところですが、
寒いので泳いで行く人はいないようです。
(そういう問題ではない・・・)


渡船乗り場

垂一への渡船乗り場です。
バイクで来て、すぐ渡船に乗って、帰りもすぐバイクで帰れる・・・
いい生活してますねぇー


出船時刻表

出船時刻表は、ところどころ読めなくなっているほど年季が入ってます。

旧暦の日付によって出船時間が記入され、満潮から干潮へとか
逆に干潮から満潮へとかが分かるようになってます、素晴らしい・・・

そういえば旧暦は月の運行に従ったものですから、
潮の満潮干潮に完全に同期しているんですよね、
今更ながら感心しちゃいました。


お迎え船が帰ってきたぞ

さてあれに乗っているのか?

結果は残念ながらはずれ・・・
この次の船でした。


いやーお疲れさん

手前左がヤスさんです。

どうでした、釣れましたか?

なんか返事がないんだけど・・・


続々とお疲れさん

手前右が○kg肥えたという(内緒やで)オチャメさん

どうやコッパやで、ビックリこいたか?

そうでもなかったみたい・・・(T_T)


はいはい集合写真ですよ

お疲れのところすんまへんな、早いとこ集合してちょ。

左から、クロウオさん、オチャメさん、ヤスさん、ユースケ君、おさるさん、ひなさん、ひよさん


ライトアップ!!

明石海峡大橋(だったかな)がライトアップされて綺麗でした。


さあ合コンだ

ちゃうちゃう表彰式や。

ただいま各賞の選考中です。

関東、中国の情報も集めて集計。


和気藹々1

手前から、忍さん(ちょっと逆光か)、オチャメさん(肥えたか)、
ヤスさん(元気ないよ)。


綺麗どころ

左ひなさん、右ひよさん
美人姉妹です。

別にオチャメさんが綺麗どころじゃないとかは言ってませんよー(^_^;)


和気藹々2

手前から、クロウオさん(どこ見てるの)、おさるさん(なにがっかりしてるの)、
ユースケ君(元気ないよ)


オチャメ賞受賞のクロウオさん

このタフなコンディションの中、しかも垂一は初めてといいながら、
立派な成績です。